ご挨拶

理事長 川島進

「あたたか、安心、いきいき」という旗を掲げて、法人事業を2014年から進めてきましたが、福祉って何だろうと常に考えながらの道のりでした。その結果、「福祉は今の社会を構成する全ての人々が充足や安心を得られる社会の約束で、命の繁栄に役立てる」との考え方に集約されるのかなという思いとなりました。
私は、「人」はいろいろなジャンルを持つ「生きた図書館だ」と思っています。
小さな絵が描かれた一枚のカードから出発し、少しずつ大きくなり、青壮年時代に最多の容量で、重厚なものになり、その後徐々に必要な部分が濃縮し、不要となったものが姿を消し、そして最後の明かりが寿命と共に消えるその繰り返しが人の歴史ではないでしょうか。
こうした過程の中に福祉の果たす役割が広がっていると思います。その充実と支援のため、少しでも貢献できればとの思いでこれからも進んでいきます。

 

理事長 川島 進

基本理念

  • 施設を利用する高齢者の尊厳と自立を常に最優先し、豊かな充実した人生の創造に寄与するため、施設・従事者が一体になって、支援と協力する体制作りに努める。
  • 日本の四季の変化や暮らし、地域の生活習慣や利用者のライフスタイル、人生経験と生活感覚を織り込んだ施設生活を創出し演出することに努める。
  • 地域の色々な年代の人々や家族・親族との結びつきを深め、交流を広げ、様々な連携と協力により共同の輪の中で生きている喜びを実感できるような運営に努める。
  • 施設が保有・創出する様々な資源や環境を、地域に還元・共有することにより、地域に大きな根を張る福祉の拠点としての役割を担うように努める。

事業概要

法人名 社会福祉法人 永寿会  
代表者 理事長 川島 進
所在地

 〒251-0057 神奈川県藤沢市城南1-22-7

TEL

0466-36-8101

FAX

0466-36-8179

法人設立 2002/12/12
法人番号 3021005000476

沿革

平成14年12月16日 法人設立 初代理事長 川島サト

平成16年 3月 1日 神奈川県藤沢市にて特別養護老人ホームかりん 竣工

平成16年 4月 1日 特別養護老人ホームかりん 入所90名 短期入所20名 

            在宅介護支援センター 開所

平成16年 6月 1日 神奈川県藤沢市にて 居宅介護支援センターかりん開所

            神奈川県藤沢市にて デイサービスセンターかりん

                      定員 20名開所

平成18年10月 1日 神奈川県藤沢市にて小規模多機能型居宅介護

            「いこいの郷 花梨」開所

平成20年12月 6日 初代理事長 川島サト辞任、第2代理事長 川島 進就任

平成22年 9月 1日 デイサービスセンターかりん 定員40名に増員変更

平成23年 3月 1日 東京都町田市成瀬にて高齢者グループホーム

            「いこいの郷 花梨・成瀬」開所 定員18名

平成25年10月22日 東京都町田市において「特別養護老人ホームかりん・

            町田」建設用地として東京都町田市忠生の土地取得

平成26年 4月 1日 神奈川県茅ケ崎市にて高齢者グループホーム

            「いこいの郷 花梨・赤羽根」開所 定員18名

平成27年 2月 1日 東京都町田市にて「特別養護老人ホームかりん・町田」

            開所 入所77名 短期入所8名

平成27年 4月 1日 神奈川県藤沢市の特別養護老人ホームかりん隣接地に

            「湘南まるめろ保育園」開園 定員88名

平成27年11月 1日 東京都町田市にて居宅介護支援センターかりん・町田

            開所

平成28年 4月 1日 神奈川県藤沢市にて藤沢東部いきいきサポートセンター

            (藤沢東部地域包括支援センター)開所

平成28年 6月 1日 小規模多機能型居宅介護「いこいの郷 花梨」廃止

平成28年10月 1日 神奈川県藤沢市にて居宅介護支援センターかりん・羽鳥

            開所

平成30年 6月 1日 神奈川県藤沢市の特別養護老人ホームかりん隣接地に

            「第2湘南まるめろ保育園」開園 定員60名 

平成30年11月30日 居宅介護支援センターかりん・羽鳥廃止                

 

名の由来

・「かりん」の名の由来

「カリン」はバラ科の落葉高木です。

原産は中国東部で日本への伝来時期は不明です。

4月ごろ、5枚のピンク色のかわいらしい花を咲かせます。木肌は変化に富み、重く銘木となります。

10月~11月に過日は色味を帯びて芳香を発します。

 

中国では、その色々な効用から「杏一益、梨二益、カリン百益」と言われています。

当施設が入所者の方々にとって、百益となるサービスを提供する施設でありたいという願いを込めて、名付けました。

・「まるめろ」の名の由来

「マルメロ」は「カリン」と同じでバラ科の落葉高木で、「カリン」とは属種は異なりますが、木の樹形、果実等は良く似ています。

原産は中央アジア。

山梨や長野でよく栽培されています。

一部地域では「カリン」とも呼ばれています。

果実は洋ナシに似ていて、白っぽい軟毛に覆われています。

いわば「カリン」の子供達ということとなります。

 

注)「マルメロ」は系列の「湘南まるめろ保育園」の名前に使われています。